とある資格の合格率 資格試験の客観的データ

IPA統計資料より引用
上記ミラー
区分名合格率(%)単体
受験期間
(年)
被採点者数うち合格者数の割合応募者数うち合格者数の割合
システム監査カンサ技術者ギジュツシャ 7.9 4.1 24.4
テクニカルエンジニア(システム管理カンリ) 7.4 3.8 26.3
テクニカルエンジニア(データベース) 8.6 4.8 20.8
テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム) 12.2 7.8 12.8
テクニカルエンジニア(情報ジョウホウセキュリティ) 9.2 5.6 17.9
システムアナリスト 9.3 5.6 17.9
プロジェクトマネージャ 8.7 4.9 20.4
アプリケーションエンジニア 7.8 4.3 23.3
テクニカルエンジニア(ネットワーク) 8.7 5.1 19.6
情報ジョウホウセキュリティアドミニストレータ 13.0 8.5 11.8
上級ジョウキュウシステムアドミニストレータ 8.8 4.9 20.4
ソフトウェア開発カイハツ技術者ギジュツシャ 14.5 8.6 7.8
基本キホン情報ジョウホウ技術者ギジュツシャ 17.1 11.7 4.3
初級ショキュウシステムアドミニストレータ 30.5 21.7 2.3

区分名合格率(%)単体
受験期間
(年)
被採点者数うち合格者数の割合応募者数うち合格者数の割合
システムアナリスト 6.5 3.3 30.3
システム監査技術者 6.8 3.7 27.0
プロジェクトマネージャ 7.3 3.6 27.8
アプリケーションエンジニア 5.9 3.0 33.3
システム運用管理エンジニア 6.8 3.7 27.0
プロダクションエンジニア 8.3 5.1 19.6
ネットワークスペシャリスト 6.1 3.3 30.3
データベーススペシャリスト 7.6 4.3 23.3
マイコン応用システムエンジニア 13.0 8.6 11.6
第一種情報処理技術者 13.0 8.2 12.2
第二種情報処理技術者 16.2 11.2 4.5
上級システムアドミニストレータ 7.2 4.0 25.0
初級システムアドミニストレータ 33.6 25.2 3.8

区分名合格率(%)単体
受験期間
(年)
被採点者数うち合格者数の割合応募者数うち合格者数の割合
情報処理システム監査技術者 6.6 3.6 27.8
特種情報処理技術者 8.1 4.4 22.7
オンライン情報処理技術者 4.9 2.4 41.7
第一種情報処理技術者 13.6 8.3 12.0
第二種情報処理技術者 15.5 9.8 7.6

 代表的な資格試験の合格率、年齢層、学歴資格データに資格歴を追加中といった客観的な統計的事実に準拠した公開データを用いて各項目をレーダーチャート化した。
 レーダーチャート各項目については公開データによる客観的な数値のレーダーチャート化方法を参照の事。

関連ページ
パラメータ

年齢層≒学歴+職歴+α

例)
25.5才最終学歴大卒職歴2年の場合→
平均浪人年数と、平均留年数、平均求職年数を考慮しなければならない。

小+中+高+浪+大+留+求+職となる。
仮に、平均浪人年数、平均留年数、平均求職年数が0.5年の場合、
6+3+3+0.5+4+0.5+0.5+3=22となり、

在学期間=20
職歴=2
となる。

在学期間は、義務教育課程部分については、99%以上が経ていることから管理対象から外す。
小中の9年間は考慮に入れてもあまり意味が無いからだ。

したがって、在学期間=10となる。
1年で1ポイントとした場合、10ポイントとなる。
学歴パラメータは最大で20あればほぼ足りる計算になる。
職歴パラメータの最大は60あればおよそ足りる計算になる。(小数点を利用することに意味が無い)
数値は、10ポイントごとに記載すれば

職歴と学歴パラメータの軸を統一すべきか否か?
現行では、統一すべきと考えている。

【対応範囲】
初等教育(対応から除外)
中等教育
  • 前期:中学校(対応から除外)
  • 後期:高等学校、高等専門学校など(対応範囲)
高等教育(対応範囲)
  • 専修学校1~4年制課程
  • 短期大学2~3年制課程
  • 大学4~6年制課程
  • 大学院修士2年課程
  • 中央省庁大学校など
就業中の実務(対応範囲)

 今回の対応範囲は後期中等教育の開始(15才)から定年退職となる年齢65才の50年間に準拠して数値化することとした。

学歴についてのパラメータは、1年=2ポイント
職歴についてのパラメータは、1年=2ポイント
最大100ポイントで賄える。しかし、100ポイントにした場合、チャートが小さく見づらい、そこで50ポイントを最大にし見やすく加工することにした。
50を最大にした場合、職歴・学歴とも25年が最大で表現できる数値になってしまう。今回のチャート化では、職歴25年以上は最大値を超える表現になることがある。資格Bでは最大値を超えた場合の表示である。
単純に、
学歴=10年=20ポイント
職歴=10年=20ポイント
資格歴=任意
倍率=任意
の資格をレーダーチャート化してみる。
レーダーチャート例
資格A
資格B


また、取得までに複数経路のある資格も無数に存在しており、可能な限り経路ごとに実施てゆきたい。

 ブログ内でのJavascript利用に限度があるようなので、ホームページを開設しそちらで行う
ことにしました。また、このたび教育関連の専門的な会社で運営してもらうことにしました。

まず、主要な資格・人気の資格から、レーダーチャート化してみることにした。
今回パラメータとなるのは、職歴、学歴、資格歴、年間競争倍率の4つの指標である。
(パラメータは増える可能性がある)

 1.職歴
 職歴は単純に、社会人経験何年か総就業時間を数値化する。研修期間を学歴と考えるか、職歴と考えるかは微妙であるが、今回は職歴としたい。受験資格として必要であってもなくても経験した職歴や研修歴は職歴に含めることになる。職歴は実際の競争倍率に間接的に影響を及ぼす。

 2.学歴
 学歴も単純に、過去の在学期間が何年か、総講義時間を数値化する。職歴と同様の考え方である。学歴を取得するために予備校に通った時間も考慮に入れる事になるだろう。
 例えば大学入試には浪人受験者もいる。その場合、大学入学者うち平均浪人年数を考慮に入れる事になるだろう。専門学校や短大の場合、浪人するケースが殆ど無いため、平均浪人年数の計算対象から除外したい。
 受験資格として必要であってもなくても修習した学位や講義の単位は学歴に含めることになる。
 学歴は実際の競争倍率に間接的に影響を及ぼす。

 3.資格歴
 資格歴は、特に取得が簡易な入門的資格ほど単体での学習期間を特定しやすい。
 例えば、経理の専門学校に入り、仮に平均的に2か月~7か月後の試験で簿記3級を取得することが一般的であれば、2~7か月と推測できる。仮に平均が4.5か月であれば、上位資格の簿記検定2級は受験者の資格歴は4.5か月以上と推測できる。また、簿記検定の受験者層が急激に上昇するなどということは、これまで一般的にないから、受験者のレベルによって平均的にかかる期間は変わるという反論は説得力が乏しい。実際には、電卓や漢字の検定も受験しているかもしれず予めスキルを身につけてから3級の学習を始めたかもしれない。その場合は、電卓や漢字の検定学習期間も資格歴に該当する事になるだろう。
 職歴や学歴と違い、推測が難しいが、よりルーツとなる入門的な資格へとさかのぼれば推測できないことは無い。今回は前提として取得しているケースの多い資格歴を入門までさかのぼり評価したい。
 資格歴と、学歴が並行している場合がある。例えば、管理栄養士養成課程へ入学し、管理栄養士の国家試験の範囲を免除する為に経た講習は、資格歴かつ学歴である。
 受験資格として必要であってもなくても取得済み資格は資格歴に含めることになる。
  資格歴は実際の競争倍率に間接的に影響を及ぼす。

 4.競争倍率
 競争倍率を特定するうえで、母集団を特定する必要がある。
 今回のケースでは、母集団は1,2,3などの総合値とする。
 もし合格率が10%で年1回の実施であれば、それは、10年かかってもおかしくはないと言う数値であることから、学習期間の推測値とすることができる。ただし実際には単純に合格率が10%だから10年とはならず、もっとかかることになる。なぜならば、なんらかの理由で受験しなかった期間を考慮に入れる必要があるからである。
 わざわざ説明する必要も無いだろうが、合格率=難易度ではないと考えるのは当たり前のことである。なぜならば、1,2,3であげたような経歴がそのまま受験者の実力となるからである。
  競争倍は直接的な合格のさせ辛さに該当する。

  ■ 反映できない指標
 1.学習資料・教材の量
 2.アンケートなどの学習時間
 なぜならば、以前も書いた通り、何を教材とするか、何を学習時間とするか、いつから学習期間とするかは主観によるからである。
 3.有識者・専門家・教育者の意見
 なぜならば、誰を有識者とするかは、判断する側の主観によるからである。
 仮に、語学学校の教師ならば、英語の講義をもっと受けさせたいから、他の業界の資格の価値が低く学習量も少ないかのように説明するかもしれない。
 ある、大手予備校の場合、分野Aの講義を受けさせたいから、分野Aは難易度が高くて価値があるかのように宣伝し、分野Bや分野Cの資格は、難易度が低くて価値が無いかのように説明するなんてこともできる。
 少子化の影響もあり受験者数が減少する中、受講者数が減少すれば、予備校側も切り捨てたい資格もある。
 それは、教員数の採用人数を減らす事ができ業務を削減するためでもある。
 そのために、予備校での合格率や取得実績の多い得意分野を残して運営するのが一番手っ取り早いのである。

 だか、もし資格の評価を大手予備校が牛耳っていたとしたら、公正妥当な評価が行われない。
 もし、その学校の教師が、教育者として名乗り出て公務として資格の評価に携わっていたら、民間の利害関係をそのまま公式的な政府の評価に反映してしまうことになる。
 だからこそ、有識者とか教育者などといった言葉は通用するはずがない。客観的事実と照合しない限り説得力が無いからである。
 決めつけOKはダメなのである。

 ここでレーダーチャートの見方を説明する。
下記のチャートの数値は、例なので実際のページでは値が異なることがある。
文部科学省後援資格であれば、育成方式を一律にするため、合格率や受験機会などのすり合わせを行っており
比較がしやすい。たとえば、数検2級と英検2級とJ検2級と簿記2級はおよそ同じくらいの期間で習得できるように作られている。ほかにも文科省後援資格といえば、カラーコーディネータ検定、福祉住環境コーディネータ、ビジネス会計検定、ビジネス実務法務検定、販売士(リテールマーケティング検定)、マルチメディア検定、秘書技能検定など各級、ほぼ全て横一線で評価できるように仕向けてあるのだ。これは、公式的に教育水準を一律にし講義単位数を、規格・標準化することにより教育しやすく作られているということである。つまり、教材、教員などの水準、費用も全て一律で公平に評価・調達できると言う事である。だから、簿記だけ難しいとか英検だけ上等だとか極端に一線を超える作りにはしない、なぜならば、費用対効果が悪くなり、業務効率が悪くなり、税金で賄われる公務がスマート化されないからである。
 ただし、厚生労働省の実施する技能士とは少し違いがある。技能士の場合、クリアしていて同然の建前上の受験資格があり、下記試験のような中等教育以上の対象というより、高等教育以上の実務者向けという印象である。そのため、やはり、受験者の年齢層も10歳程度上の資格が多い。


レーダーチャート例 (文部科学省後援4大公的検定)
日商簿記検定
情報処理活用能力試験
実用英語技能検定
実用数学技能検定

第一弾

主要検定
日本商工会議所 簿記検定
日本商工会議所 リテールマーケティング検定
日本商工会議所 パーソナルコンピュータ検定
大阪商工会議所 ビジネス会計検定
東京商工会議所 ビジネス実務法務検定
東京商工会議所 福祉住環境コーディネーター検定
東京商工会議所 カラーコーディネーター検定
日本数学検定協会 実用数学技能検定
日本英語検定協会 実用英語技能検定
日本工業英語協会 工業英語検定
日本国際連合協会 国際連合公用語英語検定
中央職業能力開発協会 ビジネスキャリア検定
中央職業能力開発協会 コンピュータサービス技能評価試験
全国経理学校協会主催 簿記能力検定
P検-ICTプロフィシエンシー検定協会 ICTプロフィテンシー検定
職業教育・キャリア教育財団 情報システム試験
職業教育・キャリア教育財団 情報活用試験
サーティファイ 情報処理技術者能力認定試験
サーティファイ C言語プログラミング能力認定試験
サーティファイ JAVA言語プログラミング能力認定試験
サーティファイ WEBクリエイター能力認定試験
サーティファイ Excel®表計算処理技能認定試験
コンピュータ教育振興協会 CAD利用技術者試験
オデュッセイコミュニケーションズ マイクロソフトオフィススペシャリスト試験
画像情報教育振興協会CG-Arts マルチメディア検定
画像情報教育振興協会CG-Arts CGクリエイター検定
画像情報教育振興協会CG-Arts 画像処理エンジニア検定
画像情報教育振興協会CG-Arts WEBデザイン検定
色彩検定協会 色彩検定
実務技能検定協会 秘書検定
都道府県知事認定 介護職員研修
医療秘書教育全国協議会 福祉事務管理技能検定試験
日本医療教育財団 医療事務技能審査試験
日本医療保険事務協会 診療報酬請求事務能力認定試験
医療秘書教育全国協議会 医療秘書技能検定
全国商業高等学校協会 簿記実務検定
全国商業高等学校協会 商業経済検定
全国商業高等学校協会 英語検定
全国商業高等学校協会 ビジネス情報処理検定
全国工業高等学校長協会 情報技術検定
全国工業高等学校長協会 パソコン利用技術検定
全国工業高等学校長協会 機械製図・基礎製図検定

第二弾予定
自動車運転免許
フォークリフト運転免許
児童福祉司
社会福祉主事
第三種放射線取扱主任者
ITパスポート
情報セキュリティマネジメント
医療共用試験



確証バイアスで観る都合の良い数字とは、作為的に変化させることのできる数字の事である。
作為的に変化させた数字は、客観的事実ではなく主観である。

https://matome.naver.jp/odai/2142543511529739101
 個人の先入観に基づいて他者を観察し、自分に都合のいい情報だけを集めて、それにより自己の先入観を補強するという現象である。
 確証バイアスが強くなると、客観的な事実の検証や中立的な価値の判断ができなくなり、すべての情報・知識が『自分の見たい世界』に合わせて自動的に取捨選択されてしまうのである
 「自分が好きなもの・信じたいこと・慣れ親しんだ価値観(世界観)」などが固定観念としての確証バイアスを生み出し、その結果、見たいものだけを見て聞きたいものだけを聞くという状況を作り出してしまう。
 人は、自分が本当だと思っていることを確かめるための情報は探すが、反証となるような証拠を無視したり、探す努力を怠ったりします。
 自分の意見やプレゼンの内容を正当化するために、同じ意見をもっている外部ソースを参照する。
 「自分は正しい」と信じられる居心地の良い場所に閉じこもり、真実から目をそらしてしまうのです。
 いったん「自分はこういう人間なんだ」と思いこむと、それに合致した情報や経験を重く見て、ますます自己認識を強めてしまうのです。

 例えば、学校が宣伝したから、偉い人が主張したから、有識者や専門家が言ったことだから、皆が言うから正しいというような判断は確証バイアスによる判断とみてよいだろう。学校、専門家、皆が主張することに作為は無いか?本当に鵜呑みにして良いのか?自分に都合のよい同調意見だからというだけで信用しているのではないか?
 専門家でも間違うことはある。
 専門家や有識者の主張であったとしても、客観的事実と照らし合わせて初めてそれが正しいと言える。
 客観的事実から目を反らした意見はたとえ有識者の意見であっても正しいとは言えないのだ。

 観測バイアスとは、観測データそのものの誤りである。
 例えば、実際に10年かかったことを3か月しかかかっていないなどとアンケートで回答する事である。
 観測バイアスが起こる主な要因は、社会評価に対する「見栄」「悪評流し」、注意力の欠如などによる「単なる言い間違い」「基準違い」である。
 例えば、学習期間の起算日や、教材の量は「基準違い」である。
 自分の出来が悪くないように見せるなどして評価を作ろうとする行為には 「難関試験に短期間で合格したかのような解答」が挙げられる。教材に書いてあった学習時間を超えた場合、出来が悪くみられる可能性があるため、ウソを回答してしまうケースがよくある。
 具体的には、教材の1巡りの対応期間が3か月だから、3か月と回答しなければ出来が悪い人だと思われるというような心理状態である。
 逆に自分の持っていない資格への妬みや、他の業界の人材から利権を奪うべくする「資格そのものが短期間で合格でき低評価とべく流す、嘘による悪評・悪口」がある。
 また、これらが多数で行われ、口裏合わせの口コミ活動、宣伝活動によって行われることにより誤認をしやすくすし、反する事実に近い意見を排斥し、言論統制的な口封じを行うことも多くみられる。
 無論、教育者や専門家などと称して正当化する行為も横行する。 こういったことから、観測バイアスが最も含めることのできない評価指標としている。

予備校などの学習時間のアンケートは客観的事実にならない。
なぜならば、どの時点から学習したか、何を学習時間としたかは、主観によるからだ。
 AさんとBさんは同じ学習経路で同じ勉強をしてきたとしよう。
 AさんBさんはともに大学で関連分野を学び卒業して、受験したが、

Aさんは、大学の講義をその資格の学習時間と数えず、Bさんは、大学の講義も関連分野なので資格の学習時間に数えた。

 結果として、Aさんは数百時間という学習量を見積もり、Bさんは数千時間という学習量を見積もり、同じ学習量だったはずなのに、予備校のアンケートの回答では10倍もの学習時間の差が出た。


学習時間のアンケートの回答はあてにならない。  
なぜならば、アンケートではいくらでも嘘をつくことができるから。
 Aさんは10年かかった資格を1か月で取得したと嘘を言う、しかしBさんは10年かかった資格を10年で取得したと事実を言う。
 過剰に見栄を張ることができる。

 なぜ見栄を張るのか?
 結論から言えば、社会人の競争意識があるから。
 それは、予備校などで宣伝する極端に短い学習期間を回答しなければ、自分が劣っていると評価されてしまうのではないかと言う恐れと、大勢がそうするため。

 この2つのケースは、受験資格の無い、大学などとのダブルスクールで目指す資格に多くあらわれる。
その理由としては、回答者が客観的な事実をごまかせると錯覚してしまうからである。
 実際の経験年数といった客観的な事実は簡単にごまかすことはできないのだ。それは主に、学歴、職歴、資格歴、受賞歴、社会貢献歴、および実績に足跡として現れる。

難易度と教材の使用量は客観的な事実とはならない。
なぜならば、何を教材とするかは、主観でしかないからだ。


Aさんは大学の教科書を、資格を取るための教材と観るが、
Bさんは大学の教科書は、資格を取るための教材として数えない


ある資格は、インターネット上に問題集が豊富にあるが、
別の資格は、インターネット上では充実しておらず、予備校などの資料で学習する。

一件同じ量だが、予備校の教材使用量だけを教材として観る人もいれば、観ない人もいるし
ネット上の問題集を教材として観る人もいれば、観ない人もいる。

また、範囲や出題傾向が期間ごとに変更されたり、下位試験の分を含んだりと、数え方が色々ある。
そのため、その基準に主観が入り込むだろう。
どの時点から学習したのかも、その人の学習開始時点を主観で決定している。

資格名 合格率 年間実施回数 最頻取得
年齢層
最頻取得年代の学歴
 
取得時
資格歴の最頻(上位)
簿記検定3級 約45% 年3度実施 10代後半 中学卒 簿記実務検定3級
簿記検定4級
電卓技能検定5級
珠算検定2級
珠算・電卓実務検定5級
漢字検定4級
簿記検定2級 約28% 年3度実施 10代後半 高校卒 簿記検定3級
簿記能力検定2級
簿記実務検定2級
漢字検定3級
電卓技能検定4級
珠算・電卓実務検定4級
簿記検定1級 約10% 年2度実施 20代前半 専学卒 簿記検定2級
電卓技能検定3級
珠算・電卓実務検定3級
簿記能力検定3級 約45% 年3~4度実施 10代後半 中学卒 簿記能力検定4級
漢字検定4級
簿記能力検定2級 約28% 年3~4度実施 10代後半 高校卒 簿記能力検定3級
簿記検定3級
電卓計算能力検定3級
珠算・電卓実務検定5級
簿記能力検定1級 約28% 年3~4度実施 10代後半 高校卒 簿記能力検定2級
電卓計算能力検定2級
珠算・電卓実務検定4級
簿記能力検定上級 約10% 年2度実施 20代前半 専学卒 簿記能力検定1級
簿記検定2級
電卓計算能力検定1級
珠算・電卓実務検定3級
ビジネス会計検定3級 約60% 年2度実施 10代後半 高校卒 簿記検定3級
電子会計実務検定3級
ビジネス会計検定2級 約37% 年2度実施 20代前半 専学卒 ビジネス会計検定3級
簿記検定2級
電子会計実務検定2級
ビジネス会計検定1級 約15% 年1度実施 20代後半 専学卒 ビジネス会計検定2級
電子会計実務検定1級
パソコン財務会計主任者2級
リテールマーケティング検定3級 約60% 年2度実施 10代後半 高校卒 商業経済検定2級
リテールマーケティング検定2級 約45% 年2度実施 20代前半 専学卒 リテールマーケティング検定3級
商業経済検定1級
小売業 計数能力検定初級
リテールマーケティング検定1級 約30% 年2度実施 30代前半 専学卒 リテールマーケティング検定2級
商業設備士
経営学検定2級
経営工学士補
小売業 計数能力検定中級
登録販売者
チェッカー技能検定2級
電卓技能検定2級
販売管理士
物流技術管理士
販売士3級 約70% 年2度実施 10代後半 高校卒 商業経済検定2級
販売士2級 約50% 年1度実施 20代前半 専学卒 販売士3級
経営学検定3級
商業経済検定1級
電卓技能検定3級
販売士1級 約8% 年1度実施 30代前半 専学卒 販売士2級
商業設備士
経営学検定2級
経営工学士補
小売業 計数能力検定中級
登録販売者
チェッカー技能検定2級
電卓技能検定2級
販売管理士
物流技術管理士
CAD利用技術者試験3級 約60% 年2度実施 20代前半 高校卒 機械製図検定2級
CAD利用技術者試験2級 約45% 年2度実施 20代前半 専学卒 CAD利用技術者試験3級
機械製図検定1級
CAD利用技術者試験1級 約37% 年2度実施 20代後半 専学卒 CAD利用技術者試験2級
情報システム試験基本スキル 約62% 年2度実施 20代前半 高校卒
情報システム試験プログラミングスキル 約43% 年2度実施 20代後半 高校卒 情報システム試験基本スキル
情報システム試験システムデザインスキル 約38% 年2度実施 20代後半 専学卒 情報システム試験基本スキル
情報処理活用能力試験3級 約70% 年2度実施 10代後半 高校卒
情報処理活用能力試験準2級 約45% 年2度実施 10代後半 高校卒 情報処理活用能力試験3級
情報処理活用能力試験2級 約30% 年2度実施 10代後半 専学卒 情報処理活用能力試験準2級
情報処理活用能力試験1級 約8% 年1度実施 20代前半 専学卒 情報処理活用能力試験2級
実用英語技能検定3級 約50% 年3度実施 10代前半 小学卒 実用英語技能検定4級
全商英語検定3級
全工英語検定3級
TOEIC300前後
実用英語技能検定準2級 約45% 年3度実施 10代後半 中学卒 実用英語技能検定3級
全商英語検定2級
全工英語検定2級
TOEIC400前後
実用英語技能検定2級 約30% 年3度実施 10代後半 高校卒 実用英語技能検定準2級
国連公用語英語検定D級
全商英語検定1級
全工英語検定1級
工業英語能力検定3級
翻訳実務士5級
翻訳検定5級
TOEIC500前後
実用英語技能検定準1級 約20% 年3度実施 20代前半 大学卒 実用英語技能検定2級
国連公用語英語検定C級
工業英語能力検定準2級
翻訳実務士4級
翻訳検定4級
TOEIC600前後
実用英語技能検定1級 約15% 年3度実施 20代後半 大学卒 実用英語技能検定準1級
国連公用語英語検定B級
工業英語能力検定2級
翻訳実務士3級
翻訳検定3級
TOEIC700前後
通訳案内士 約10% 年1度実施 30代前半 大学卒 実用英語技能検定準1級
実用英語技能検定1級
国連公用語英語検定A級
翻訳実務士2級
翻訳検定2級
TOEIC800前後
ファイナンシャルプランニング技能検定3級 約60% 年3度実施 20代前半 高校卒 簿記検定3級
ファイナンシャルプランニング技能検定2級 約20% 年3度実施 20代後半 専学卒 ファイナンシャルプランニング技能検定3級
ファイナンシャルプランニング技能検定1級 約7% 年1度実施 30代前半 大学卒 ファイナンシャルプランニング技能検定2級
証券アナリスト 約15% 年1度実施 30代前半 大学卒 金融業務能力検定2級
AFP
簿記検定2級
宅地建物取引士 約15% 年1度実施 30代前半 専学卒 不動産実務検定2級
ビジネス実務法務検定2級
福祉住環境コーディネーター2級
簿記検定2級
不動産アドバイザー
管理業務主任者 約20% 年1度実施 30代後半 専学卒 不動産実務検定2級
マンションリフォームマネージャ
福祉住環境コーディネーター2級
三級建築大工技能士
区分所有管理士 約50% 年1度実施 30代後半 大学卒 管理業務主任者
マンションリフォームマネージャ
二級ハウスクリーニング技能士
マンション維持修繕技術者 約29% 年1度実施 30代前半 専学卒 マンションリフォームマネージャ
リフォーム提案士
補償業務管理士
三級ハウスクリーニング技能士
建設業経理士2級
不動産コンサルティングマスター 約50% 年1度実施 30代後半 大学卒 宅地建物取引主任者
管理業務主任者
不動産実務検定2級
福祉住環境コーディネーター2級
防火管理者
乙種消防設備士
昇降機検査資格者
建設業経理士2級
土地家屋調査士 約7% 年1度実施 30代後半 大学卒 測量士補
測量士
宅地建物取引主任者
二級建築士
二級土木施工管理技士
土地改良換地士 約8% 年1度実施 40代前半 大学卒 普及指導員
測量士補
二級造園施工管理技士
二級造園技能士
農業機械整備技能士
農業機械士
農薬管理指導士
農業協同組合監査士
日本農業技術検定
水田環境鑑定士
家畜商
シビルコンサルティングマネージャ
土地区画整理士 約13% 年1度実施 30代前半 大学卒 測量士補
測量士
二級土木施工管理技士
二級舗装施工管理技士
シビルコンサルティングマネージャ
再開発プランナー
マンション管理士 約8% 年1度実施 50代前半 大学卒 管理業務主任者
区分所有管理士
宅地建物取引士
マンション維持修繕技術者
二級ハウスクリーニング技能士
建築物環境衛生管理技術者
ファシリティマネージャ
不動産コンサルティングマスター
建設業経理士2級
二級建築施工管理技士 約15% 年1度実施 30代前半 専門卒 機械木工技能士2級
建築大学技能士2級
CAD利用技術認定1級
オートデスクマスターシルバー
木造建築士
機械製図検定1級
建築機械施工技士2級
測量士補
一級建築施工管理技士 約15% 年1度実施 30代後半 専門卒 二級建築施工管理技士
二級土木施工管理技士
二級建築士
建築機械施工技士1級
測量士補
建築大学技能士1級
木造建築士 約45% 年1度実施 30代前半 専門卒 CAD利用技術者2級
オートデスクマスターブロンズ
二級建築士 約20% 年1度実施 20代後半 大学卒 CAD利用技術者2級
オートデスクマスターシルバー
一級建築士 約10% 年1度実施 30代前半 大学卒 二級建築士
二級建築施工管理技士
CAD利用技術者1級
オートデスクマスターシルバー
建築設備士 約10% 年1度実施 40代前半 大学卒 二級建築士
甲種消防設備士
昇降機検査資格者
浄化槽設備士1級
設備設計一級建築士 約20% 年1度実施 50代前半 大学卒 一級建築士
建築設備士
一級建築施工管理技士
建築設備検査員
特殊建築物等調査資格者
建築基準適合判定資格者
構造設計一級建築士 約20% 年1度実施 50代前半 大学卒 一級建築士
一級建築施工管理技士
応急危険度判定士
特殊建築物等調査資格者
建築基準適合判定資格者
不動産鑑定士 約2% 年1度実施 30代前半 大学卒 宅地建物取引主任者
測量士補
建設業経理士2級
簿記検定2級
中小企業診断士 約4% 年1度実施 30代後半 大学卒 簿記検定2級
電卓実務検定2級
ビジネス実務法務検定2級
ファイナンシャルプランニング技能士2級
販売士2級
経営学検定2級
経済学検定
ITパスポート
初級システムアドミニストレータ
公認会計士 約4% 年1度実施 20代前半 大学卒 ビジネス会計検定2級
パソコン財務会計主任者上級
簿記検定2級
簿記能力検定上級
簿記実務検定1級
税理士 約2% 年1度実施 30代前半 大学卒 税務会計検定1級
簿記検定1級
簿記能力検定上級
銀行業務検定2級
ファイナンシャルプランニング技能士2級
司法書士 約3% 年1度実施 30代前半 大学卒 ビジネス実務法務検定2級
法学検定2級
実用英語技能検定準2級
漢字検定2級
弁理士 約7% 年1度実施 30代前半 大学卒 薬剤師
応用情報技術者
第二種電気主任技術者
知的財産管理技能士2級
ビジネス実務法務検定2級
二級建築士
行政書士 約6% 年1度実施 30代前半 大学卒 ビジネス実務法務検定2級
法学検定2級
実用英語技能検定準2級
漢字検定2級
社会保険労務士
社会保険労務士 約7% 年1度実施 30代前半 大学卒 行政書士
ビジネス実務法務検定2級
法学検定2級
実用英語技能検定準2級
漢字検定2級
第三種工事担任者 約40% 年2度実施 10代後半 高校卒 パソコン利用技術検定2級
第二種工事担任者 約23% 年2度実施 20代前半 高専卒 第三種工事担任者
ITパスポート
情報技術検定2級
第二種電気工事士
第一種工事担任者 約18% 年2度実施 20代後半 大学卒 第二種工事担任者
ITパスポート
CCNA
2級陸上特殊無線技士
総合種工事担任者 約12% 年2度実施 30代前半 大学卒 第二種工事担任者
ITパスポート
CCNA
第二種電気工事士
情報配線施工技能士2級
伝送交換任技術者 約20% 年2度実施 30代前半 大学卒 第一種工事担任者
第二種工事担任者
情報配線施工技能士2級
CCNA
CCNP
基本情報技術者
ITパスポート
第一種伝送交換主任技術者 約10% 年1~2度実施 30代前半 大学卒 第一種工事担任者
第二種工事担任者
CCNA
ノベル認定ネットワークエンジニア
初級システムアドミニストレータ
第二種伝送交換主任技術者 約25% 年1~2度実施 30代前半 大学卒 第二種工事担任者
CCNA
ノベル認定ネットワークアドミニストレータ
ビジネスコンピューティング表計算部門2級
パソコン検定2級
線路設計主任技術者 約20% 年2度実施 30代前半 大学卒 第二種工事担任者
CCNA
ノベル認定ネットワークアドミニストレータ
ビジネスコンピューティング表計算部門2級
パソコン検定2級
第二種電気工事士 約50% 年1度実施 10代後半 高校卒 計算技術検定2級
機械製図検定2級
情報技術検定2級
エレクトロニクス検定初級
第一種電気工事士 約30% 年1度実施 20代前半 高校卒 第二種電気工事士
エレクトロニクス検定中級
第三種電気主任技術者 約10% 年1度実施 20代後半 大学卒 第二種電気工事士
エレクトロニクス検定中級
第二種電気主任技術者 約6% 年1度実施 30代前半 大学卒 第三種電気主任技術者
第一種電気工事士
二級電気工事施工管理技士
エレクトロニクス検定中級
エネルギー管理士
第一種電気主任技術者 約3% 年1度実施 30代後半 大学卒 第二種電気主任技術者
一級電気工事施工管理技士
エレクトロニクス検定上級
エネルギー管理士
エネルギー管理士 約26% 年1度実施 30代前半 大学卒 第三種電気主任技術者
エレクトロニクス検定中級
1級ボイラー技士
臭気判定士
第二種放射線取扱主任者
乙種危険物取扱者
乙種ガス主任技術者
高圧ガス販売主任者
ITパスポート 約50% 随時 20代前半 大学卒 MOS
PC文書処理検定2級
ICTプロフィテンシー検定2級
ビジネス情報処理検定2級
電卓検定2級
簿記検定3級
情報セキュリティマネジメント 約80% 年2度実施 40代前半 大学卒 オラクルマスターブロンズ
CCNA
SJC-P
ITパスポート
CompTIASecurity+
個人情報保護士
初級システムアドミニストレータ 約30% 年1~2度実施 20代後半 大学卒 MCP
CCNA
オラクルマスターブロンズ
情報活用試験1級
ビジネス情報処理検定1級
P検2級
簿記検定2級
基本情報技術者 約22% 年2度実施 20代後半 大学卒 情報システム試験PG認定
情報技術検定1級
ビジネス情報処理検定1級
SJC-P
CCNA
オラクルマスターブロンズ
C言語プログラミング能力認定試験1級
情報処理技術者能力認定試験2級
第二種情報処理技術者 約16% 年1~2度実施 20代前半 大学卒 情報処理活用能力試験2級
情報技術検定1級
情報処理検定1級
C言語プログラミング能力認定試験1級
情報処理技術者能力認定試験1級
パーソナルコンピュータ利用技術検定2級
応用情報技術者 約20% 年2度実施 30代前半 大学卒 基本情報技術者
初級システムアドミニストレータ
情報処理活用能力試験1級
SJC-P
CCNP
MCSE
オラクルマスターゴールド
第一種情報処理技術者 約13% 年1度実施 30代前半 大学卒 第二種情報処理技術者
情報処理活用能力試験1級
情報セキュリティスペシャリスト 約14% 年2度実施 30代後半 大学卒 応用情報技術者
ソフトウェア開発技術者
第一種情報処理技術者
ネットワークスペシャリスト
情報セキュリティ管理士
LPIC-LV2
オラクル認定Webコンポーネントディベロッパ
CompTIASecurity
公認情報セキュリティマネージャ
公認情報システム監査人
ネットワークスペシャリスト 約10% 年1度実施 30代前半 大学卒 応用情報技術者
第一種情報処理技術者
情報セキュリティスペシャリスト
データベーススペシャリスト
CCNP
CNE
MCSE
LPIC-LV2
テクニカルエンジニアネットワーク 約7% 年1度実施 30代前半 大学卒 第一種情報処理技術者
ソフトウェア開発技術者
情報セキュリティアドミニストレータ
テクニカルエンジニアデータベース
CCNP
CNE
MCSD
LPIC-LV2
オラクルマスターゴールド
システムアーキテクト 約13% 年1度実施 30代後半 大学卒
アプリケーションエンジニア 約7% 年1度実施 30代後半 大学卒
プロダクションエンジニア 約8% 年1度実施 30代前半 大学卒
特種情報処理技術者 約5% 年1度実施 30代後半 大学卒
情報セキュリティアドミニストレータ 約12% 年1度実施 30代前半 大学卒
テクニカルエンジニア情報セキュリティ 約9% 年1度実施 30代前半 大学卒
テクニカルエンジニアシステム管理 約7% 年1度実施 30代後半 大学卒
ITストラテジスト 約12% 年1度実施 40代前半 大学卒
システムアナリスト 約7% 年1度実施 40代後半 大学卒
上級システムアドミニストレータ 約7% 年1度実施 30代後半 大学卒
システム監査技術者 約9% 年1度実施 40代前半 大学卒
情報処理システム監査技術者 約5% 年1度実施 40代前半 大学卒
三級陸上特殊無線技士 約85% 年3度実施 10代後半 高校卒
二級陸上特殊無線技士 約76% 年3度実施 10代後半 高校卒
一級陸上特殊無線技士 約28% 年3度実施 20代前半 高専卒
国内電信級陸上特殊無線技士 約25% 年3度実施 20代前半 高専卒
二級陸上無線技術士 約18% 年2度実施 20代後半 大学卒
一級陸上無線技術士 約18% 年2度実施 30代前半 大学卒
三級総合無線通信士 約6% 年2度実施 20代後半 大学卒
二級総合無線通信士 約6% 年2度実施 30代前半 大学卒
一級総合無線通信士 約5% 年2度実施 30代後半 大学卒
気象予報士 約4% 年2度実施 30代前半 大学卒
技術士補 約40% 年1度実施 大学卒

技術士 約15% 年1度実施 40代前半 大学卒
技術士総合技術監理部門 約15% 年1度実施 40代後半 大学卒
第二種衛生管理者 約60% 随時
専門卒
第一種衛生管理者 約50% 随時
専門卒
衛生工学衛生管理者 約80% 随時
大学卒
労働衛生コンサルタント 約26% 年1度実施
大学卒
労働安全コンサルタント 約28% 年1度実施
大学卒
第二種作業環境測定士 約37% 年1度実施
大学卒
第一種作業環境測定士 約62% 年1度実施
大学卒
一般計量士 約15% 年1度実施
大学卒
環境計量士騒音振動 約15% 年1度実施
大学卒
環境計量士濃度関係 約15% 年1度実施
大学卒
二級ボイラー技士 約60% 随時
高校卒
一級ボイラー技士 約50% 年6度実施
高校卒
特級ボイラー技士 約20% 年1度実施
大学卒
普通ボイラー溶接士 約70% 年2度実施
専門卒
特別ボイラー溶接士 約70% 年2度実施
専門卒
乙種消防設備士 約30%~70% 随時
中学卒~大卒
甲種消防設備士 約10%~40% 随時
中学卒~大卒
丙種危険物取扱者 約30%~70% 随時
中学卒~大卒
乙種危険物取扱者 約30%~70% 随時
中学卒~大卒
甲種危険物取扱者 約15% 随時
中学卒~大卒
毒物劇物取扱責任者 約35% 都道府県において年1度
大学卒
丙種ガス主任技術者 約23% 年1度実施 20代後半 大学卒
乙種ガス主任技術者 約17% 年1度実施 30代後半 大学卒
甲種ガス主任技術者 約12% 年1度実施 30代後半 大学卒
丙種火薬類製造保安責任者 約20% 年1度実施 20代後半 大学卒
乙種火薬類製造保安責任者 約40% 年1度実施 30代前半 大学卒
甲種火薬類製造保安責任者 約10% 年1度実施 30代後半 大学卒
丙種高圧ガス製造保安責任者 約20% 年1度実施 20代前半 高校卒
乙種高圧ガス製造保安責任者 約40% 年1度実施 20代後半 大学卒
甲種高圧ガス製造保安責任者 約10% 年1度実施 30代後半 大学卒
第三種放射線取扱主任者 約100%認定 年1度実施 20代前半 高校卒
第二種放射線取扱主任者 約23% 年1度実施 20代後半 大学卒
第一種放射線取扱主任者 約18% 年1度実施 30代前半 大学卒
核燃料取扱主任者 約18% 年2度実施 30代後半 大学卒
原子炉主任技術者 約14% 年1度実施 40代前半 大学卒

資格シカクメイ 合格率ゴウカクリツ ネンカンカン実施ジッシ回数カイスウ 最頻取得
年齢層
ヒンド
最頻取得
年代の
学歴
ヒンド
簿記検定3級 約45% 年3度実施 10代後半 中学卒
簿記検定2級 約28% 年3度実施 10代後半 高校卒
簿記検定1級 約10% 年2度実施 20代前半 専門卒
ビジネス会計検定3級 約60% 年2度実施 10代後半 高校卒
ビジネス会計検定2級 約37% 年2度実施 20代前半 専門卒
ビジネス会計検定1級 約15% 年1度実施 20代後半 専門卒
リテールマーケティング検定3級 約60% 年2度実施 10代後半 高校卒
リテールマーケティング検定2級 約45% 年2度実施 20代前半 専門卒
リテールマーケティング検定1級 約30% 年2度実施 30代前半 専門卒
販売士3級 約70% 年2度実施 10代後半 高校卒
販売士2級 約50% 年1度実施 20代前半 専門卒
販売士1級 約8% 年1度実施 30代前半 専門卒
CAD利用技術者試験3級 約60% 年2度実施 20代前半 高校卒
CAD利用技術者試験2級 約45% 年2度実施 20代前半 専門卒
CAD利用技術者試験1級 約37% 年2度実施 20代後半 専門卒
情報システム試験基本スキル 約62% 年2度実施 20代前半 高校卒
情報システム試験プログラミングスキル 約43% 年2度実施 20代後半 高校卒
情報システム試験システムデザインスキル 約38% 年2度実施 20代後半 専門卒
情報処理活用能力試験3級 約70% 年2度実施 10代後半 高校卒
情報処理活用能力試験準2級 約45% 年2度実施 10代後半 高校卒
情報処理活用能力試験2級 約30% 年2度実施 10代後半 専門卒
情報処理活用能力試験1級 約8% 年1度実施 20代前半 専門卒
実用英語技能検定3級 約50% 年3度実施 10代前半 小学卒
実用英語技能検定準2級 約45% 年3度実施 10代後半 中学卒
実用英語技能検定2級 約30% 年3度実施 10代後半 中学卒
実用英語技能検定準1級 約20% 年3度実施 20代前半 高校卒
実用英語技能検定1級 約15% 年3度実施 20代後半 大学卒
通訳案内士 約10% 年1度実施 30代前半 大学卒
ファイナンシャルプランニング技能検定3級 約60% 年3度実施 20代前半 高校卒
ファイナンシャルプランニング技能検定2級 約20% 年3度実施 20代後半 専門卒
ファイナンシャルプランニング技能検定1級 約7% 年1度実施 30代前半 大学卒
証券アナリスト 約15% 年1度実施 30代前半 大学卒
宅地建物取引士 約15% 年1度実施 30代前半 専門卒
管理業務主任者 約20% 年1度実施 30代後半 専門卒
土地家屋調査士 約7% 年1度実施 30代後半 大学卒
土地改良換地士 約8% 年1度実施 40代前半 大学卒
土地区画整理士 約13% 年1度実施 30代前半 大学卒
マンション管理士 約8% 年1度実施 50代前半 大学卒
木造建築士 約45% 年1度実施 30代前半 専門卒
二級建築士 約20% 年1度実施 20代後半 大学卒
一級建築士 約10% 年1度実施 30代前半 大学卒
建築設備士 約10% 年1度実施 40代前半 大学卒
設備設計一級建築士 約20% 年1度実施 50代前半 大学卒
構造設計一級建築士 約20% 年1度実施 50代前半 大学卒
不動産鑑定士 約2% 年1度実施 30代前半 大学卒
中小企業診断士 約4% 年1度実施 30代後半 大学卒
公認会計士 約4% 年1度実施 20代前半 大学卒
税理士 約2% 年1度実施 30代前半 大学卒
司法書士 約3% 年1度実施 30代前半 大学卒
弁理士 約7% 年1度実施 30代前半 大学卒
行政書士 約6% 年1度実施 30代前半 大学卒
社会保険労務士 約7% 年1度実施 30代前半 大学卒
第三種工事担任者 約40% 年2度実施 10代後半 高校卒
第二種工事担任者 約23% 年2度実施 20代前半 高専卒
第一種工事担任者 約18% 年2度実施 20代後半 大学卒
総合種工事担任者 約12% 年2度実施 30代前半 大学卒
伝送交換任技術者 約20% 年2度実施 30代前半 大学卒
第一種伝送交換主任技術者 約10% 年1~2度実施 30代前半 大学卒
第二種伝送交換主任技術者 約25% 年1~2度実施 30代前半 大学卒
線路設計主任技術者 約20% 年2度実施 30代前半 大学卒
第二種電気工事士 約50% 年1度実施 10代後半 高校卒
第一種電気工事士 約30% 年1度実施 20代前半 専門卒
第三種電気主任技術者 約10% 年1度実施 20代後半 大学卒
第二種電気主任技術者 約6% 年1度実施 30代前半 大学卒
第一種電気主任技術者 約3% 年1度実施 30代後半 大学卒
エネルギー管理士 約26% 年1度実施 30代前半 大学卒
ITパスポート 約50% 随時 20代前半 大学卒
情報セキュリティマネジメント 約80% 年2度実施 40代前半 大学卒
初級システムアドミニストレータ 約30% 年1~2度実施 20代後半 大学卒
基本情報技術者 約22% 年2度実施 20代後半 大学卒
第二種情報処理技術者 約16% 年1~2度実施 20代前半 大学卒
応用情報技術者 約20% 年2度実施 30代前半 大学卒
第一種情報処理技術者 約13% 年1度実施 30代前半 大学卒
情報セキュリティスペシャリスト 約14% 年2度実施 30代後半 大学卒
ネットワークスペシャリスト 約10% 年1度実施 30代前半 大学卒
テクニカルエンジニアネットワーク 約7% 年1度実施 30代前半 大学卒
システムアーキテクト 約13% 年1度実施 30代後半 大学卒
アプリケーションエンジニア 約7% 年1度実施 30代後半 大学卒
プロダクションエンジニア 約8% 年1度実施 30代前半 大学卒
情報セキュリティアドミニストレータ 約12% 年1度実施 30代前半 大学卒
テクニカルエンジニア情報セキュリティ 約9% 年1度実施 30代前半 大学卒
テクニカルエンジニアシステム管理 約7% 年1度実施 30代後半 大学卒
ITストラテジスト 約12% 年1度実施 40代前半 大学卒
システムアナリスト 約7% 年1度実施 40代後半 大学卒
上級システムアドミニストレータ 約7% 年1度実施 30代後半 大学卒
三級陸上特殊無線技士 約85% 年3度実施 10代後半 高校卒
二級陸上特殊無線技士 約76% 年3度実施 10代後半 高校卒
一級陸上特殊無線技士 約28% 年3度実施 20代前半 高専卒
国内電信級陸上特殊無線技士 約25% 年3度実施 20代前半 高専卒
二級陸上無線技術士 約18% 年2度実施 20代後半 大学卒
一級陸上無線技術士 約18% 年2度実施 30代前半 大学卒
三級総合無線通信士 約6% 年2度実施 20代後半 大学卒
二級総合無線通信士 約6% 年2度実施 30代前半 大学卒
一級総合無線通信士 約5% 年2度実施 30代後半 大学卒
気象予報士 約4% 年2度実施 30代前半 大学卒
技術士補 約40% 年1度実施
大学卒
技術士 約15% 年1度実施 40代前半 大学卒
技術士総合技術監理部門 約15% 年1度実施 40代後半 大学卒
第二種衛生管理者 約60% 随時
専門卒
第一種衛生管理者 約50% 随時
専門卒
衛生工学衛生管理者 約80% 随時
大学卒
労働衛生コンサルタント 約26% 年1度実施
大学卒
労働安全コンサルタント 約28% 年1度実施
大学卒
第二種作業環境測定士 約37% 年1度実施
大学卒
第一種作業環境測定士 約62% 年1度実施
大学卒
一般計量士 約15% 年1度実施
大学卒
環境計量士騒音振動 約15% 年1度実施
大学卒
環境計量士濃度関係 約15% 年1度実施
大学卒
二級ボイラー技士 約60% 随時
高校卒
一級ボイラー技士 約50% 年6度実施
高校卒
特級ボイラー技士 約20% 年1度実施
大学卒
普通ボイラー溶接士 約70% 年2度実施
専門卒
特別ボイラー溶接士 約70% 年2度実施
専門卒
乙種消防設備士 約30%~70% 随時
中学卒~大卒
甲種消防設備士 約10%~40% 随時
中学卒~大卒
丙種危険物取扱者 約30%~70% 随時
中学卒~大卒
乙種危険物取扱者 約30%~70% 随時
中学卒~大卒
甲種危険物取扱者 約15% 随時
中学卒~大卒
毒物劇物取扱責任者 約35% 都道府県において年1度
専門卒
丙種ガス主任技術者 約23% 年1度実施 20代後半 大学卒
乙種ガス主任技術者 約17% 年1度実施 30代後半 大学卒
甲種ガス主任技術者 約12% 年1度実施 30代後半 大学卒
丙種火薬類製造保安責任者 約20% 年1度実施 20代後半 大学卒
乙種火薬類製造保安責任者 約40% 年1度実施 30代前半 大学卒
甲種火薬類製造保安責任者 約10% 年1度実施 30代後半 大学卒
丙種高圧ガス製造保安責任者 約20% 年1度実施 20代後半 大学卒
乙種高圧ガス製造保安責任者 約40% 年1度実施 30代前半 大学卒
甲種高圧ガス製造保安責任者 約10% 年1度実施 30代後半 大学卒
第三種放射線取扱主任者 約100%認定 年1度実施 20代前半 高校卒
第二種放射線取扱主任者 約23% 年1度実施 20代後半 大学卒
第一種放射線取扱主任者 約18% 年1度実施 30代前半 大学卒
核燃料取扱主任者 約18% 年2度実施 30代後半 大学卒
原子炉主任技術者 約14% 年1度実施 40代前半 大学卒

あくまで、合格率は累積平均に近いデータなので、現行のデータと比較すると少し異なって見えるかもしれない。
特に、民間資格については年2回から3回と実施回数を増やした試験の合格率の調整が入っている。
後日新旧制度に合わせて追加しようと考えています。社会人経験は年齢層に比例する。また受験者の年代と学歴は最頻。受験者の年代と学歴の平均はもう少し上昇するものが多い。


簿記検定3級 約45% 年3度実施 10代後半 中学卒
簿記検定2級 約28% 年3度実施 10代後半 高校卒
簿記検定1級 約10% 年2度実施 20代前半 専門卒
ビジネス会計検定3級 約60% 年2度実施 10代後半 高校卒
ビジネス会計検定2級 約37% 年2度実施 20代前半 専門卒
ビジネス会計検定1級 約15% 年1度実施 20代後半 専門卒
リテールマーケティング検定3級 約60% 年2度実施 10代後半 高校卒
リテールマーケティング検定2級 約45% 年2度実施 20代前半 専門卒
リテールマーケティング検定1級 約30% 年2度実施 30代前半 専門卒
販売士3級 約70% 年2度実施 10代後半 高校卒
販売士2級 約50% 年1度実施 20代前半 専門卒
販売士1級 約8% 年1度実施 30代前半 専門卒
CAD利用技術者試験3級 約60% 年2度実施 20代前半 高校卒
CAD利用技術者試験2級
 約45% 年2度実施 20代前半 専門卒
CAD利用技術者試験1級 約37% 年2度実施 20代後半 専門卒
情報システム試験基本スキル 約62% 年2度実施 20代前半 高校卒
情報システム試験プログラミングスキル 約43% 年2度実施 20代後半 高校卒
情報システム試験システムデザインスキル 約38% 年2度実施 20代後半 専門卒
情報処理活用能力試験3級 約70% 年2度実施 10代後半 高校卒
情報処理活用能力試験準2級 約45% 年2度実施 10代後半 高校卒
情報処理活用能力試験2級 約30% 年2度実施 10代後半 専門卒
情報処理活用能力試験1級 約8% 年1度実施 20代前半 専門卒
実用英語技能検定3級 約50% 年3度実施 10代前半 小学卒
実用英語技能検定準2級 約45% 年3度実施 10代後半 中学卒
実用英語技能検定2級 約30% 年3度実施 10代後半 中学卒
実用英語技能検定準1級 約20% 年3度実施 20代前半 高校卒
実用英語技能検定1級 約15% 年3度実施 20代後半 短大卒
通訳案内士
 約10% 年1度実施 30代前半 大学卒
ファイナンシャルプランニング技能検定3級 約60% 年3度実施 20代前半 高校卒
ファイナンシャルプランニング技能検定2級 約20% 年3度実施 20代後半 専門卒
ファイナンシャルプランニング技能検定1級 約7% 年1度実施 30代前半 大学卒
証券アナリスト 約15% 年1度実施 30代前半 大学卒
宅地建物取引士 約15% 年1度実施 30代前半 専門卒
管理業務主任者 約20% 年1度実施 20代後半 専門卒
土地家屋調査士 約7% 年1度実施 30代後半 大学卒
土地改良換地士 約8% 年1度実施 40代前半 大学卒

土地区画整理士 約13% 年1度実施 30代前半 大学卒
マンション管理士 約8% 年1度実施 50代前半 大学卒
二級建築施工管理技士 約15% 年1度実施 30代前半 専門卒
一級建築施工管理技士 約15% 年1度実施 30代後半 専門卒
木造建築士 約45% 年1度実施 30代前半 専門卒
二級建築士 約20% 年1度実施 20代後半 大学卒
一級建築士 約10% 年1度実施 30代前半 大学卒
建築設備士
 約15% 年1度実施 40代前半 大学卒
設備設計一級建築士 約20% 年1度実施 50代前半 大学卒
構造設計一級建築士 約20% 年1度実施 50代前半 大学卒
不動産鑑定士 約2% 年1度実施 30代前半 大学卒

中小企業診断士 約4% 年1度実施 30代後半 大学卒
公認会計士 約4% 年1度実施 20代前半 大学卒
税理士 約2% 年1度実施 30代前半 大学卒
司法書士 約3% 年1度実施 30代前半 大学卒
弁理士
 約7% 年1度実施 30代前半 大学卒
行政書士
 約6% 年1度実施 30代前半 大学卒
社会保険労務士
 約7% 年1度実施 30代前半 大学卒
第三種工事担任者 約40% 年2度実施 10代後半 高校卒
第二種工事担任者 約23% 年2度実施 20代前半 高専卒
第一種工事担任者 約18% 年2度実施 20代後半 大学卒
総合種工事担任者 約12% 年2度実施 30代前半 大学卒
伝送交換任技術者 約20% 年2度実施 30代前半 大学卒
第一種伝送交換主任技術者 約10% 年1~2度実施 30代前半 大学卒
第二種伝送交換主任技術者 約25% 年1~2度実施 30代前半 大学卒
線路設計主任技術者 約20% 年2度実施 30代前半 大学卒
第二種電気工事士 約50% 年1度実施 10代後半 高校卒
第一種電気工事士 約30% 年1度実施 20代前半 専門卒
第三種電気主任技術者 約10% 年1度実施 20代後半 大学卒

第二種電気主任技術者 約6% 年1度実施 30代前半 大学卒
第一種電気主任技術者 約3% 年1度実施 30代後半 大学卒
エネルギー管理士
 約26% 年1度実施 30代前半 大学卒
ITパスポート 約50% 随時 20代前半 大学卒
情報セキュリティマネジメント 約80% 年2度実施 40代前半 大学卒
初級システムアドミニストレータ 約30% 年1~2度実施 20代後半 大学卒
基本情報技術者 約22% 年2度実施 20代後半 大学卒
第二種情報処理技術者 約16% 年1~2度実施 20代前半 大学卒
応用情報技術者 約20% 年2度実施 30代前半 大学卒
第一種情報処理技術者
 約13% 年1度実施 30代前半 大学卒
情報セキュリティスペシャリスト 約14% 年2度実施 30代後半 大学卒
ネットワークスペシャリスト 約10% 年1度実施 30代前半 大学卒
テクニカルエンジニアネットワーク
 約7% 年1度実施 30代前半 大学卒
システムアーキテクト 約13% 年1度実施 30代後半 大学卒
アプリケーションエンジニア
 約7% 年1度実施 30代後半 大学卒
プロダクションエンジニア
 約8% 年1度実施 30代前半 大学卒
情報セキュリティアドミニストレータ 約12% 年1度実施 30代前半 大学卒
テクニカルエンジニア情報セキュリティ 約9% 年1度実施 30代前半 大学卒
テクニカルエンジニアシステム管理 約7% 年1度実施 30代後半 大学卒
ITストラテジスト 約12% 年1度実施 40代前半 大学卒
システムアナリスト
 約7% 年1度実施 40代前半 大学卒
上級システムアドミニストレータ
 約7% 年1度実施 30代後半 大学卒
三級陸上特殊無線技士 約85% 年3度実施 10代後半 高校卒
二級陸上特殊無線技士 約76% 年3度実施 10代後半 高校卒
一級陸上特殊無線技士 約28% 年3度実施 20代前半 高専卒
国内電信級陸上特殊無線技士 約25% 年3度実施 20代前半 高専卒
二級陸上無線技術士 約18% 年2度実施 20代後半 大学卒
一級陸上無線技術士 約18% 年2度実施 30代前半 大学卒
三級総合無線通信士 約6% 年2度実施 20代後半 大学卒
二級総合無線通信士 約6% 年2度実施 30代前半 大学卒
一級総合無線通信士 約5% 年2度実施 30代後半 大学卒
気象予報士
 約4% 年2度実施 30代前半 大学卒
技術士補 約40% 年1度実施 大学卒
技術士
 約15% 年1度実施 40代前半 大学卒
技術士総合技術監理部門 約15% 年1度実施 40代後半 大学卒
第二種衛生管理者 約60% 随時 専門卒
第一種衛生管理者 約50% 随時 専門卒
衛生工学衛生管理者 約80% 随時 大学卒
労働衛生コンサルタント 約26% 年1度実施 大学卒
労働安全コンサルタント 約28% 年1度実施 大学卒

第二種作業環境測定士
 約37% 年1度実施 大学卒
第一種作業環境測定士
 約62% 年1度実施 大学卒
一般計量士 約15% 年1度実施 大学卒
環境計量士騒音振動
 約15% 年1度実施 大学卒
環境計量士濃度関係 約15% 年1度実施 大学卒
二級ボイラー技士 約60% 随時 高校卒
一級ボイラー技士 約50% 年6度実施 高校卒
特級ボイラー技士 約20% 年1度実施 大学卒
普通ボイラー溶接士 約70% 年2度実施 専門卒
特別ボイラー溶接士 
約70% 年2度実施 専門卒
乙種消防設備士
 約30%~70% 随時 中学卒~大卒
甲種消防設備士
 約10%~40% 随時 中学卒~大卒
丙種危険物取扱者 
約30%~70% 随時 中学卒~大卒
乙種危険物取扱者
 約30%~70% 随時 中学卒~大卒
甲種危険物取扱者 約15% 随時
 中学卒~大卒
毒物劇物取扱責任者 約35% 都道府県において年1度 専門卒
丙種ガス主任技術者 約23% 年1度実施 20代後半 大学卒
乙種ガス主任技術者 約17%
 年1度実施 30代後半 大学卒
甲種ガス主任技術者 約12% 年1度実施 30代後半 大学卒
丙種火薬類製造保安責任者 約20% 年1度実施 20代後半 大学卒
乙種火薬類製造保安責任者
 約40% 年1度実施 30代前半 大学卒
甲種火薬類製造保安責任者
 約10% 年1度実施 30代後半 大学卒
丙種高圧ガス製造保安責任者
 約20% 年1度実施 20代後半 大学卒
乙種高圧ガス製造保安責任者 約40% 年1度実施 30代前半 大学卒
甲種高圧ガス製造保安責任者 約10% 年1度実施
 30代後半 大学卒
第三種放射線取扱主任者
 約100%認定 年1度実施 20代前半 高校卒
第二種放射線取扱主任者
 約23% 年1度実施 20代後半 大学卒
第一種放射線取扱主任者
 約18% 年1度実施 30代前半 大学卒
核燃料取扱主任者
 約18% 年2度実施 30代後半 大学卒
原子炉主任技術者
 約14% 年1度実施
 40代前半 大学卒


【色分けの意味について】
1.非専門人材
 黒・・・受験者のレベルが低く競争倍率が低い
2.専門人材
 緑・・・受験者のレベルは一般的
で競争倍率がやや高い
 水・・・受験者のレベルが高く
競争倍率が非常に高い
 青・・・受験者のレベルが極めて高く競争倍率が極めて高い

 合格率を基準に推定する学習期間を掲載しています。

 また、当サイトの情報は、客観的事実となるソースを明示し、それを基に計測しています。

 資格に対する偏見や「こうあるべき、こういう印象、どう思った、○○のはず」などの主観は極力排除しています。

 資格や職業に対する悪口や差別、利権争いに関する内容は掲載いたしません。

 一部の組織の利害関係に関与したり影響を与えるためのものではありません。

 当サイトは教育機関や教材などの購入斡旋やアフィリエイトなどの広告目的ではありません。あくまで正しい合格率とそこから推定した学習期間を掲載しています。

 当サイトで利用する統計情報は全て事実に基づいた情報のみを掲載しています。

このページのトップヘ